ワクワク前進!研修講師・組織作りコンサルタント 山崎敏史のブログ

人も組織ももっとのびのび、もっと楽しく、もっと幸せに!

部下に嫌われる上司

f:id:yamazaki_link:20200324173835j:plain

あなたは部下に嫌われたことあります?

部下に嫌われる原因はなんなのか?


だいぶ前の話です。

30才を過ぎたころ、
人事・採用チーム4人の部署の
責任者をしていました。


女性部下1
男性部下
女性部下2

こんな人員構成です。

 

女性部下2は
昨年新卒入社の2年目、
人事チームは1年目の社員。

この「女性部下2」から、
僕はどうやら強烈に
嫌われたようなんです。

 

 

それまで、後輩や部下から
嫌われた経験があまりない当時の僕、
いったいなにがなんだか
さっぱりわからない。

動揺しまくりです。

でも確実なのは
こんな現象が
起きているということ。

 

僕の指示に対し
適当にやられた
仕事が返ってくる

僕が彼女を呼んでも
横を見て「はい…(暗めに)」

日常で目が合うことは
ほとんどない

僕が打合せに入った途端
表情が露骨に嫌な顔に


こりゃあどう見ても
僕のことが嫌いに
違いないわけです。


誰よりも仕事をしている
自負はあった。
それなのに…


思い切って、
女性部下1に聞いてみると

「はい、間違いないと思います」

そんなはっきり言わなくても…

結構落ちるわけです。

でももういいやと思ったぼくは、
嫌われててもいいし
どうなってもいいから
仕事の遂行だ、結果作るぞ、
と自分に言い聞かせ、
指示・指導をし続けたわけです。

腹が立つ…
あいつとは話したくない…
顔合わせたくない…
思い出すと落ちる…

いろんな感情を
ひたすら我慢し続けて。

しばらくして、

彼女から辞表が出て
あっさり退職決定。
彼女は辞めて行きました。

恥ずかしいんですが、
その時の僕は、
彼女の退職に
内心ほっとしていたんです。
「そうか〜、よかった」って。


そしてそんな自分だったし
そんな関係性だから
ほんとのことも聞けず…

いや、明確にしようとも
しなかったんです。

ほんとは気になり続けていた
彼女が僕をそこまで嫌った理由。


そして2年後のことです。
辞めていったその彼女と
街でばったり会ったんです。

めちゃめちゃ気まずい。

でも、ぼくのなかに
ずっと引っかかりとして
あり続けたんでしょうね。


あら〜久しぶり!
と言ったあと、
「教えてもらってもいいかな」
と切り出してしまったんです。。

 

 

僕:○○さん、
僕のこと嫌いだったでしょ?

 

彼女:はい、
山崎さんは『嫌い』でした
(そんなはっきりと…はぁ〜)

僕:なんでそんなに
嫌いだったの?
気に障ったことあった?

彼女:ちょっと時間置いて…
山崎さん、上ばっかり見て
仕事してませんでした?
いい人を採ろうとか
そんなことより、
自分が上から評価されることばっか
考えてませんでした?
私はそう感じてました。
本当にこの人とは
仕事したくない
って思ってました。

僕:・・・

かなりはしょって
書いてますけど、

自分の利益ばっかり
求めていたんですね。

確かにそうだった。

一緒に働くメンバーは
後回しだった当時の僕。

頑張っている部下より自分の利益、
チームより自分が大事、

なにひとつ自分から
ギブしていないわけです。

こんな上司を
リーダーって認める人、
いるはずないわけですよ。


僕は、
過去の直接の上司や
上にいた人たちを
思い出してみました。

嫌いだった人の顔を浮かべて、
その人達に共通すること、
そのひとつがまさにここでした。

自分の手柄が大事な人、
上からの評価を
ひたすら気にしている人。

部下のことを気にかけている
とは全く感じられない人。


僕、若い時は
そんな人が嫌いだったくせに、
不思議なことに
自分がそうなっていたんです。


自分を確認すること、
自分を見続けることって
ほんとに大事です。


目の前の相手のために
今できることをすぐにやろう
「他者支援」

相手のことが先、
自分のことは後。
まずこっちから相手のために
できることを
やっていこうってことです。


こんなことを
強く思うようになったのは
彼女のことが大きな
きっかけでした。

まだまだ全然ですけど…


部下とうまくいっていない…
後輩から嫌われている…

自分の利益優先、
他者支援していないことが
原因のひとつです。


そんなあなたは、
部下後輩1人ひとりの
顔を思い出して、
その人に自分ができることを、
片っ端から書き出してみるのも
いい方法です。

自分がもらうことは
頭からすべて排除して
ギブに徹する。

・自分から必ず挨拶する
・一緒にいる人たちに
 自分ができることを毎日1つやる
・誰かのために1日10分時間を使う
・誰かが求めてきたら手は必ず止める
・相手の話をとにかく全部聞く

30個くらいすぐ出ますよ。

書き出して、
そのことを毎日意識しまくって
みましょうよ。


今日も元気にいきましょう!!!